【VALORANT】RIOTの新作FPS”VALORANT” LOLプレイヤー必見

RIOTの新作FPS”VALORANT” (ヴァロラント)

全世界で話題沸騰中の『VALORANT』について考察していくよ!
●VALORANT:ヴァロラント
2019年10月のLOL10周年記念イベントで発表された『Project A』がタイトルを変え『VALORANT』として2020年夏からサービスが開始となるようです。
世界的大人気を誇るLOL(League of Legends)で有名なRiot Gamesによる無料新作FPSゲームです。
CSGOにようなグラフィック感、OW(OverWatch)のようなスキルシステムが特徴的でめちゃめちゃ面白そうなゲームです!
めん
めん

LOLもAPEXもOWもやっているから

はやくやりた〜い!

CSGOに似てる理由!?

ゲームプレイ動画に、上記のショップ画面が写っています。

SIDEARMPRIMARYSHILEDSの文字が画面上部にあるので最大3つまで装備を持てると予想できます。

そして、通貨で購入する感じがCSGOに良く似ていますよね!

画面の左側で味方の装備が見れるのはめちゃめちゃ良い!

しかも見れるだけでなく、味方の代わりに装備を買ってあげることができるんです!

おそらく、欲しい装備をリクエスト→味方は画面左からBUY IT(購入) の流れですね!(上記の画面にも写っています)

お金が少ない味方がいても助け合える良いシステムだと思います。(CSGOも似たようなことができるよ)

そして、この銃を構えた時の見た目!(懐かしきFPSって感じですね!!!)

でも覗き視点はあるので、APEXにも似てますね!

OWに似てる理由!?

円形の竜巻ゾーンであったり、視界を遮る毒々しい色の壁はキャラクターのスキルによって生成されます。

キーボード「4」「Q」「E」「X」がスキルキーになっていることから最低4つのスキルを使えるキャラクター達を使うのだと思います。

OWはスキルがめちゃめちゃ重要なゲームなのでVALORANTもスキルを使うタイミングやシナジーなど戦術が重要になってきそうですね!

あと、動画を見て思ったことでHP?らしき数値がめちゃめちゃ回復していました!

もし、ヒーラーがいるとしたらOWに似た感じですよね!

CSGOとOWとAPEXを合わせたようなゲーム感・・・・絶対おもしろいよね〜!

VALORANTのすごいとこ!

RIOTはチーター対策が凄すぎる!!

私、LOLを数年やってるけど1回もチーターを見たことないんです。

でもAPEXはいつまで経ってもチーターを見るよね・・・

FPSプレイヤーがうんざりしちゃうポイント第一位がチーターだと思うくらい

最近のゲームはチーターが多いと思う。

RIOTは『Project A』の頃からチーター対策を優先していると発表していてサンプル動画もYoutubeで見れます。

LOLのチート対策を応用できるとしたら、VALORANTは素晴らしいゲームになると思ってます!

 

低遅延でラグを感じないプレイが魅力!

FPSはちょっとしたラグでさえ命取りでサーバーの問題と言うことが多いよね。

VALORANTはプレイヤーに最高の環境を用意したいようで、ラグを感じないようなシステムを作ったそうです!

これによりゲームはどんどんフェアになるので実力主義の対戦ゲームではめちゃめちゃ嬉しいですね!

プレイヤーのことを考えているからこそ10年も続くLOLを作れたRIOT!

そんなRIOTが作る新作無料FPS『VALORANT』期待大です!

めん
めん

LOLみたいにランクシステムがあったら

チャレンジャー目指そうかな!

コメント